婚約者を裏切る背徳感。それは普通の浮気心ではなくなった。

静岡県 沼津市 性便女さん(26才)の体験告白

結婚式の日取りも決まり、もう式を待つばかりだった時期。

女性ならほとんどの人が陥るのが、マリッジブルーじゃないでしょうか?

男性経験の少なかった私も同じようになりました。

人妻になったらもう遊べない…今のうちにもっと他の男性を…。

私は彼に内緒で出会い系に登録してしまってました。

旦那さんになる彼は私の一つ上。

金融関係に勤める、将来有望なエリート。

たった一度…そう自分で言い聞かせ出会い系に登録したんです。

若かった私に出会いはすぐに見つかりました。

暖かくなり始めた5月のことです。

でも出会い系で知り合い、身体を許した相手が私の全てを変えたのです。

登録して3日後、気になるメールをくれた方と会いました。

上手いリードもあり、その日のうちに男女の関係に…。

そのとろけそうなセックスに、そして時に激しいセックスに私は心までも傾きかけていました。

彼への罪悪感がないわけではないのですが、身体はその人を欲しがっていました。

結婚して人妻になったら別れよう…それはお互い了承の上でした。

2ヶ月間だけ激しくして欲しい!

その思いでその人からの誘いは断れず、ズルズルと身体を重ねました。

しかし身体を重ねる度に離れられなくらっていくのです。

その人が私の中に眠っていた変態な性を導き出したから…。

6月に入った頃、それまで週に2~3回彼に抱かれてたせいか、生理だった10日近くがあまりにも長く感じられた。

同時に激しく突かれたい…そう思うようになっていました。

生理が終わった日、急に彼から呼び出しがありました。

本当なら婚約者と会う予定でしたが、嘘をつき、彼に会いにいきました。

大きなワンボックスの車に彼を含めて4人の男性が乗っていました。

彼に誘われ車内に。走り出した車内で後部座席の私達はビールで乾杯。

その内車は沼津市から離れ、駿河湾沿いの道に止まりました。

急に彼が私の背後から激しいキスを…。

足を拡げられ彼の友人に染み付いた下着を見られました。

初めて会う人の前でこんな恥ずかしいことを…。

拒むのですが次第に全身に快感が走るようになりました。

時折車が通る車内で、私は4人に輪姦されました。

膣にも口にも色々な男の精液を放たれ、これ以上無い快感を得ていました。

婚約者への背徳感が急に私を襲った。

でもこの快感には逆らえない。

帰り際、彼にピルを飲んでおけと言われ、後日処方してもらった。

それから毎週その時のメンバーに身体を弄られ玩具になった。

4日前のことです。

呼び出され車でどこかの海沿いに連れて行かれ、今度は車外で輪姦。

もう完全に変態になってた。

どうなってもいい!もっと感じさせて欲しい、そう思った。

快感に酔いしれ力も出ない身体。

全裸のまま側の大きな公園のトイレに連れられ、そこで荒っぽいけどロープで縛られ緊縛姿に。

私の身体に落書きする男達。

目隠しされそのまま男性トイレに放置された。

何かあれば彼等が助けてくれる…とはいえ恥ずかしくて付いてきたことを後悔してた。

婚約者への…そして社会的にしてはいけない背徳感。

目隠しした布は涙で濡れていた。

長い時間が経つ。

誰かが入ってきた。

その人が驚いてるような気配。

「えっ、ホントにいいの?」

何のことかわからなかったけど、耳にはその人がズボンを脱ぐ音だけが聞こえ、そして激しく挿入された感触が私を貫いた。

本当に誰だかわからない他人棒。

そして熱いモノが子宮に流し込まれていた。

その夜、その公園にたむろしてた不良少年にも輪姦された。

全員中出しでした。

ようやく彼等に車まで連れて行かれ、ビデオを見せられた。

身体中に肉便器だとか、中出しOKだとかのイヤらしい言葉。

知らない人達に抱かれて感じてる私がいた。

それを見ながら私は男達の前で自然とオナニーしてた。

来週は結婚式。

だけど、人妻になってもこの人達の肉便器にされてるんだろうなって思います。