若い男虐め…それが至福の時間。

埼玉県 蕨市 痴女られるのは今でしょ!さん(31才)の体験告白

私が変態だと気づいた瞬間は、22歳の時でしょうか…。

高校で処女を失い、それからは男を切らせた事の無い私が、その頃1年以上男がいない状態でした。

帰宅する電車の中、その日は混み合ってた。

押し込まれるように私の後に、高校生の男の子が。

揺れる度に私のお尻にその子のアソコがツンツン当たる。

次第にその部分が硬くなるのがわかり、悪戯心も手伝い、強く押し付けると、私のお尻の割れ目の中でグイッと大きくなるのを感じました。

腰を動かすと、漆黒の車窓越しに彼の感じ始めてる顔が映ってる。

後ろ手でそっと触れると我慢しきれなそうな切ない顔へ…。

最寄り駅に付き、降り際に耳元で

「一緒に降りる?」

彼は付いてきた。

駅の身障者トイレに連れ込みその子の童貞を奪いました。

男虐めの快感を知ったのはおそらくその時です。

それから数年は、大人しそうな可愛い子を見つければ、お触りしたり、合意の上で手コキしてあげたりセックスしてました。

ですが、一歩間違えると犯罪です。

自制心が働き行為は抑えてきました。

それがいけなかったのでしょうか、結婚して人妻になった今頃、過去に行った男虐めへの欲望は増強され私の頭を支配し始めたのです。

その願望は、以前のような痴女的な行為ではなく、もはやサド…。

もっと激しく、もっと過激に男の子を弄びたいというものに変化していたのです。

そう、合意の上なら…主人に内緒で出会い系を使い始めました。

狙うは年下の可愛い男の子。

時間は掛かりましたが、やっと欲望を満たせてくれそうな子を見つけました。

年上女性にリードされ、強引にエッチを教えて欲しいという高校卒業したばかりの専門学校生。

最近の男の子らしく、女を知らない純な身体。

最初は半ば乱暴に愛撫し、騎乗位で童貞を奪う。

何をしても従順に従ういい子なので、もっと虐めてみたくなり性欲処理男として付き合う事にしました。

いつもの私の服だと並んで歩くと、いかにも…みたいだったので、できるだけ若くそしてエッチな服で会うようにした。

それでも人妻には見えないものの、同年代にも見えないのですが…。

かれは童貞だったくせに意外と度胸があるというか、もしかしたら自分でも気づいていないが、ドMなのかもしれない。

ベッドで彼の粗相を罵倒すると、その言葉で感じてる。

この子は私の望んでいた子…そう感じた。

次からは電車で東京に向かう際も彼を辱めた。

山手線内でもペニスを取り出し手コキ。

恥ずかしがるのにペニスへの血流は留まる事はなかった…。

3ヶ月彼の性を開発し、私は更なる男虐めを施した。

蕨市近郊にある女子校近くで、彼を露出させた。

露出といっても全裸にする訳でなく、ペニスだけ取り出しオナニーを女子高生に見せるのだ。

彼には顔を晒させ私はサングラスなどで顔を隠す。

側で指示を出しながら、歩いてくる女の子に勃起したペニスを見せつけさせた。

女の子の反応も様々だったし、彼の表情が私を欲情させている。

今でも彼は私の性のペット。

でも同じようなことを今度は年上男性に施したいって思うようになった。

今は出会い系で辱めを受けたい中年男を物色してる。

できれば肩書きのある男が理想なんですが…。

誰かこんな変態な人妻に玩具にされたい男って、いるかなぁ?