W不倫カップル、初めての緊縛ドライブ。

千葉県 成田市 麻里さん(29歳)の体験告白

主人とセックスレスとなって1年半。まだ結婚して3年だというのに…。

 

私は地味で恥ずかしがりやで面白みにかける女です。

性にも積極的でなく、それが主人には物足りないし、魅力的に思えないのでしょう。

1年前その主人に浮気相手がいる事を知りました。

でも何も言えずただ自分で背負い込み悩む日々でした。

毎日遅く帰る主人。

休日も家にいない。

相手は会社の部下なのは知ってました。私よりも若い22歳の新人女性です。

何もかも嫌になってきて…出会い系を利用し始めたのもその時からです。

自分で募集を書き込んだのに、積極的でない文章からかあまり誘いはありませんでした。

あっても内気な性格が、どう対処していいのかわからず、返事も出さないまま終わりです。

でも彼と出会った時は違いました。

いくら性に積極的でないと言っても、ようやく知った女の悦び。

なのに1年以上悦びを得られないと身体は火照ってしまいます。

そんな日に出会い系で彼と出会ったのです。

彼は30代半ばの既婚者男性でした。

子供はいませんでしたが、奥様は行動的な人で、よく喋るし、セックスも積極的で彼女からリードされてるそうです。

彼はそこまで主導権を握られるのを嫌がってました。

男に従い付いてくるような女性を求めていたそうです。

恥ずかしかったけど写メも交換しました。

眼鏡っ子だし、スタイルも悪いし、胸も小さし…こんな私なんかと付き合うなんてないよねって思った。

でも彼はその頃ショートにしてた私を「ロリっぽくて可愛いよ」って言ってくれ、少しだけ背中を押してくれて会う事になったのです。

 

彼は私の住む成田市の隣、佐倉市。

そこから車で迎えにきてくれ、街中でデートするのも恥ずかしい私を気遣い、成田空港側に車を止め、車内で話してくれました。

ただ笑って話を聞く私に、たくさん話してくれました。

主人なら

「黙ってないで何か喋れよ!」

って怒られてたのに。

和やかになった時自然とキスしました。

優しいキスに…いえ、久しぶりのキスがとても刺激的でした。

その日は何度もキスをし、人妻な私を夕方には送ってくれました。

内心主人は遅くにしか帰らないからもっと一緒に…そう思いましたが、彼にも奥様がいらっしゃるし…。

 

その彼とはその日から誰にも言えない彼氏となり、身体を許したのは初デートから2週間後でした。

何故か彼といるとちょっとだけ積極的にもなれた。

だから街中でデートもできるようになった。

知らない人から見たら仲の良いカップルにしか見えなかったでしょう。

身体を重ねる度に、彼は今まで願望として抱いていた事を私にするようになったのです。

それは人妻である私は受け入れてはいけない事でした。

それはソフトSMや露出でした。

知人にでも知られれば主人にバレてしまう。

でも彼を離したくない私は、彼の要求を受け入れるしかなかった。

辱めを受けたけど嫌ではなかった。

少しずつ彼の手で変態にされてることを自覚するまでになる。

 

ある日カップル喫茶で抱かれたときは、恥ずかしいけど覗かれてる興奮で、初めて潮を噴いて絶頂に達した。

露出する快感を知った。

変態な行為だと思っていた露出も何回もされていると変態じゃなく普通の事に思えた。

彼からドライブに誘われた。

勝浦の方に魚を食べに行こうと。

なのにいつもの空港側で裸にされ縛られた。

しかも恥ずかしいオマンコを露にした格好で、足を大きく拡げられ拘束された。

車は走り出す。

緊縛ドライブ。

目隠しされ何も見えないけど、信号待ちでバイクやトラックから見られてるよって彼が言う。

恥ずかしい。

足を閉じたいけど拘束されていては何も出来ない。

シートを濡らすほど割れ目から淫汁が溢れ出してる。

気が狂いそう!

何もされてないのに、潮を噴いて絶頂に達していた。

バイブまで入れられ勝浦に着くまでにもう一度逝っていた。

見られる事の悦びを知り、露出狂としての私が目覚めた。

 

最近では緊縛ドライブを私からねだるようにまでなっている。

気のせいか内気な性格も克服でき、明るい私がいた。

魅力的に見え始めたのか、主人は最近私を求めてくるが、主人のセックスではもう感じないだろう。

疲れてるからと嘘をつき、彼との変態なデートを楽しんでいる。

彼も奥様とはセックスは無くなったそうだ。

 

私達は離れられない身体になってしまい、お互いの自宅には離婚届が隠されてある…。