色んな男を抱ける、興味のあったスワッピングサークル。

千葉県 流山市 美津江さん(36歳)の体験告白

一方的に旦那が私を好きになり、プロポーズされた。

まぁ結婚もいいか、って軽い気持ちで結婚したのが6年前。

その際に旦那に出した条件は、お互いに干渉しすぎないことと子供は作るかどうか分からない、ということ。それでも良いからと結婚した。

別に旦那には不満はない。

だけど旦那には内緒にしてる事があるの。

それは私がド、が付くほどの変態で誰とでもセックスしてしまうヤリマンだということ。

3年前、出会い系にハマり出会った、今40歳のセフレがいます。

私達の自宅流山市に近い場所に住んでいる土建業を営む妻子ある方です。

旦那が華奢な方なので、ガッシリした男性に憧れもあったからです。

旦那とは違い、激しいセックスをしてくれるので、何かズルズルとセフレの関係が続いてた。

他にも出会い系で知り合ったセフレはいるけど、毎月数回抱いて欲しくなるのはその人だけ。

3年も抱かれてるとセフレと言えどマンネリ化してしまう。

彼の提案もあり、一度スワッピングしてみないかと言われた。

ネットで検索してみると近くでそんなサークルがあると出た。

基本的にはペア同士お見合いし、気に入ればプレイに入るシステム。その他には数組のペアで乱交をする場合もあると書かれていた。

私たちは参加する事に決め、会員登録した。

サイトに入ると、近所でもスワッピングしたがってるカップルが多くいる。

その中で私と近い年齢のご夫婦に連絡をとり、後日会う事になりました。

休日の昼下がり、喫茶店で待ち合わせカップル同士のお見合いとなりました。

相手は爽やかそうなサラリーマン風。

奥様もごく普通な人妻って感じで可愛らしい方。

こっちはというと、威勢のいい声でうるさそうな巨漢の男とスケベ丸出しな私。

これは無理かなって思ってたら、プレイしてみたいと言ってくれました。

どちらも初めてのスワッピングで、奥様は

「私たちでいいの?」

の問いに、本当に恥ずかしそうに、頷くだけでした。

彼はその仕草だけで興奮していたみたい。

相手からは、その日にすぐプレイできるかどうか…考える時間をいただくかも…と言われていたけど

「これから、どう?」

と聞くとお互い顔を見合わせ、恥ずかしそうに

「お願いします」

と一礼された。

そこからは彼の本領発揮。

段取り良くホテルのスイートを抑え4人でチェックインしました。

買い込んだお酒と食べ物、そして私たちは、もしかしたら、の想いで用意した玩具の数々を持ち込みました。

交互にシャワーを浴び、気持ちを和らげるためちょっとした宴会に。

お酒が入り話する度にリラックスし始め皆がエッチな気分になってた。

その証拠にお互いのパートナーを替え、隣に座り話するようになってた。

彼が奥様を寝室にエスコート。

2人きりになるのが不安な奥様は、皆で一緒に…そう言われ4人で寝室に。

相手のご夫婦はパートナーが違う異性とキスや愛撫を受けているのを見ていた。

奥様はチラチラと、ご主人はじっと見つめていた。

本格的にセックスになった。

私はご主人の上に跨がり激しく腰を使った。

彼は奥様を乱暴に突き上げている。

「妻があんなに激しく悶えてるのを初めて見る…」

ポツリとつぶやく。目は嫉妬心でいっぱいだった。

ご主人を抱きしめ耳元で

「ゴム取っちゃおうか」

驚いていましたが、まんざら嫌でもなさそう。

「中はマズイですよね」

「いいけど、不安なら飲んであげようか?」

頷き激しく私を突き上げ

「逝きそう!」

口を開け待つ私の顔目掛けて精液を放った。

射精された精液を指で拭い飲み込むと、

「妻にも飲んで欲しかったんです」

奥様は私が精液を飲み干すとこを見てた。

彼が奥様に

「奥さんも飲んでみます?」

「飲みたい…でも最初は主人のを」

「そうですよね」

激しく突き上げゴムの中に射精していた。

お互いのエッチな行為を見ながら興奮し、2度ご主人を抱いた。

結局は相手のご夫婦は無い物ねだりしたかったらしい。

ご主人はエッチな女性に弄ばれたい、奥様は逞しい男に乱暴にセックスされたい、その願望を持ってた。

とても充実した一日。

私は人妻だし、彼にも家族がいるから夜にはホテルを出た。

帰る間際ご夫婦は寝室で愛し合ってた。

大きな声で奥様が悶えてる。

その日は彼が、ここに泊まるよう言ってたから、もしかしたら一晩中愛し合ってたかも?

その後ご夫婦がどうなったかは分からない。

けど、サークルの会員にプロフィールがあるのを見ると、スワッピングは続けているのだろう。

すっかりスワッピングにハマった私達。

募集の書き込みもし、もっと変態なセックスを願ってる。

こんなエッチな人妻目当てに何組からかのプレイ希望は後を経たない。