私の調教は半端じゃないわよ。

投稿者:東京都 日野市 鬼奴 33歳

私は若いころから自分がSだと気付いていました。

SMクラブで女王様として何人かの男を調教もしてきました。

今の旦那もそういった場所で出会い、結婚しました。

でも旦那は中途半端なM男。

普段はそれでもいいんだけど、たまには思いきり男の身体を虐めたくなる。

旦那もMだから私が外で他の男を調教しようと口は出さない。

ま、そういう従順な所が好きになったのもあるし…。

私も悪いかなと思うから、旦那には他の男と会った事は告げないようにしている。

久しぶりに未経験の男とプレイしたくなり、アブノーマル専門の出会い系で私に躾けられたい男を募集した。

連絡をくれた男の中で、未経験で一番若い男を調教することにした。

まだ二十歳の大学生。

こんなに若いのに女に弄ばれたい願望を持つ変態志願の男だった。

学生の彼は人妻の私に気を遣ったのか、いつでも会えると言ってくれた。

会ったのは1週間後。

私の体調も性欲もいい感じだ。

道具を一式持って待ち合わせ場所に出向いた。

彼は既に来ていて、初めての調教体験に緊張して立っていた。

すぐに彼を連れ、いつも利用している専門のホテルに…。

自ら服を脱がせ全裸にすると、緊張してるくせにチンポはビンビンになっている。

今から起こるであろう調教に期待感を抱いているのだろう。

挨拶させそのまま全裸で私の蒸れた足を舐めさせた。

躊躇する事無く一本一本足の指の汚れを舐め取る。

素質はあるみたい…。

磔にし鞭を与えると彼はドM男の本性を現し、興奮の雄叫びを繰り返した。

屹立したチンポからはダラダラと興奮の汁が垂れていた。

彼は人妻女王様のハードな調教を耐え抜いた。

私も満足し、普段ならしない挿入もしてしまった。

真性のSは男の悶え苦しむ様を見るだけで絶頂に達するのだが、その日は絶頂を迎えてもまだ物足りなかったからだ。

縛ったまま上に跨がり精を吐きたがってる肉棒にゴムを被せ包み込んだ。

私は満足するまで、何度射精しようと許さず腰を動かした。

満足できたのは彼が3度目の射精を終えたときだった。

彼は私に奴隷として仕えることとなり、今後も厳しい調教を受けることになった。

私もこの若い男が歳を重ねるたびに、どんな変態に変わっていくのか楽しみだ…。