頭のいい女はどこか変態である。裏の顔を持つ露出志願の知的美女。

皆さん頭のいい女ってどう思います?とっつきにくい…近寄りがたい…概ねそんなイメージなんでしょうね。

私は幼い頃から親の意向もあり必死で勉強し、某国立大学に入りました。

そこでも頑張って主席で卒業。

某一流企業に就職が決まると私の中で何かが壊れた。

抑圧されてた全ての感情が…いえ、抑圧されてた性欲が抑えきれなくなっていた。

そしてナンパされた知らないオジさんに処女をあげた。

全てを解放された気分だった。

それからはナンパされれば誰でも付いていったし、出会い系で男を漁るようにもなった。

たった1年で20人近くの男と性行為してた。

25歳の時、出会い系で知り合った40代の方が私を変態へと導いてくれた。

その頃は経験人数こそ多かったが、全てノーマルでしか知らない。

だけど、身体の奥では何か物足りなさを感じてた。

その40代の方の巧みな性技に私は、自分がマゾだということを自覚させられたんです。

縛られ身動きできない私にその方は「こんな知的美女に辱めを与え淫乱な本性を教え込むのが、僕は一番興奮するんだ」そう言われ、私も言われるがまま彼に身体を委ねました。

彼とお付き合いしたのは、1年に満たない程度です。

その間拘束され弄ばれる興奮を教えられ、精液や聖水を飲む事も躾けられました。

まだ暖かさが残る秋、初めて街中をノーパン・ノーブラで歩かされました。

今までに無い刺激。

感じすぎてマトモに歩けないくらい。

でも、これ、この感覚が欲しかったんだって気づきました。

こらえきれず初めての野外でのセックス。

完全に見られるかも?って感覚の虜になりそうでした。

露出志願。

彼に打ち明け本格的に教えてもらおうとしてた矢先、彼が急に転勤。

そして寂しくお別れしました。

でも見られるかもしれないという快感は忘れられず、レースのカーテンだけでの自室でのオナニーで欲求を満たし始めました。

それでも恥ずかしく勇気のいる行為でした。

でもいつしか、そういう状態でないとオナニーもできない変態になってました。

もっとエスカレートした露出がしたい!でも今の職場の事を考えると一歩踏み出せない。

仕方なく職場や休日の買い物に、下着を付けずに行くのが精一杯でした。

お別れしてからは、誰にも抱かれていません。

誰も私の身体を満足させてくれないと思ったからです。

でももう我慢も限界。

再び出会い系の掲示板に私の欲望を書き込みました。

でもただ闇雲に私を辱める方は怖いし、やはりこんな変態な女だけど、社会的にマズくなるような事をせず、楽しむ。

そんな方なら誰とでも会います。

だから、露出志願の知的美女を玩具にしてもらえませんか?