誰でもいいので、優しくアナル調教してください!

東京都 国分寺市 疼く菊門さん(37才)の体験告白

誰でもいいので、優しくアナル調教してください!

これが出会い系で書き込んだ私の募集です。

でも1年前まではこんな淫らな女じゃなかったんです。

男性も旦那しか知りませんし…いえ、そんな経験人数の少なさが私を変態へと導いてしまったのかもしれません。

高校を卒業し就職。

職場で知り合った旦那に処女を奪われ、翌年結婚。20歳で娘を産み、24歳で次女を産みました。

その頃ママ友と公園で喋ってたら、ある奥さんがご主人とお尻でエッチした事を話し始めたのです。

嫌だったけどどうしてもしてみたいから、と言われ渋々了承。触られてるうちに気持ちよくなってしまい、そのままアナルセックスしてしまった…と。

その時は汚らしいって思い愛想笑いで誤摩化してました。

昨年の夏休みでした。

上の娘の所に彼氏が遊びに来ていました。

よく遊びに来ては、2人で愛し合ってる気配も感じていました。

でもその日娘の部屋のドアが少しだけ開いていて、娘の行為を見てしまったのです。

そして恥ずかしくも娘の性行為でオナニーしてしまっていました。

仕方なかったんです。

下の子が産まれてからは旦那とも年に数回しかセックスしていませんでしたし、その頃も3年近く抱かれていなかったのですから…。

声を殺しながらヨガッてる娘が

「今度はあっちに入れて」

そして娘のお尻の中に彼氏のが入っていったんです。

「まさか、こんなことまで…」

驚きとともに過去に聞いたママ友の話を思い出しました。

普通入れる場所じゃない穴に入れられ、身をよじり感じてる娘。

知らず知らず私もその穴を経験したくなったのです。

でも旦那にお尻でしたいなど言えません。

長年オナニーで我慢し続けた身体は、アナルへの興味が湧いた日から、自慰では物足りない身体になっていました。

そして耐えきれず出会い系で最後の処女を奪ってくれる男性を募集したのです。

もうすぐ40になろうかという人妻なのに、アナルの処女を奪いたいという男性から多くのメールが届きました。

自称経験豊富、とおっしゃってた49歳の方にアナル調教をお願いしました。

その方の都合に合わせ時間を作り、平日の朝10時、指定された都内の某所に国分寺から向かいました。

部屋に入り無理矢理唇を奪われましたが、その方の這うような指使いに焦らされ、次第に身体が男を欲しがるようになりました。

硬く閉ざしてるアナルはゆっくりと指で解され、男性の太い指を入れられ入り口は柔らかくなり、挿入準備が可能になったようです。

でもその方はオマンコに入れられ、激しく突き上げ、久しぶりの肉棒に我を忘れてただ感じながら背中にしがみついていました。

オマンコで一度逝かされ、四つん這いにされた私のアナルに、

ローションとマンコ汁が塗り込まれました。

「とうとう入ってくるんだ」

怖い反面、早く体験したい…その気持ちも大きくなり、頭の中は娘ですら経験してるアナルを経験できる…ちょっとした娘へのライバル心がありました。

ゆっくり太い肉棒が埋め込まれていく。

思ったより痛くない。

むしろ気持ちいいのです。

その日2度アナルを犯していただきました。

そしてその方は私の性のご主人様となったのです。

知り合って数ヶ月。

沢山調教していただき、もはやご主人様でなければ満足できない身体になっていました。

今日、ご主人様の玩具として2つの穴を弄ばれてきました。

そこでご主人様が言われたことに私は驚き、頭が真っ白になったのです。

「昨年援助で知り合った娘がいて、処女を奪ったんだよ」

ご主人様に私以外の女がいても気にはしません。

だから他の女の事を言われたんだと思います。

「その、娘には色々なセックスを教えてあげたし、半年前にはアナルまで教えてあげたんだ」

少し嫉妬する。

「その娘が先週、自分の妹の処女も奪ってあげて欲しいと連れてきたから、処女膜破ってやったよ」

色々聞くうち、その娘達が私の娘だと気づいてしまった。

真っ白な中ご主人様に抱かれ、マンコの中に射精されていた。

私達母娘は、同じ男に処女を奪われていたのか…。

憎しみより嫉妬の方が強かった。

そう思う私は、本物の変態?

「今度、その娘達と3人を相手に調教してやるからな」

「人妻と娘達か…色々味わえていいかもな!」

そう言われてしまった…。

ご主人様に弄ばれている娘達の顔を、今日は見る事ができませんでした…。